自分だけが

 私は時々おかしな病気にかかります。自分だけが不幸で、自分だけがさみしくて、自分だけが出来が悪くて、自分だけが動いていなくて、自分だけが取り残されてて、自分だけが・・・と思いこんでしまう病気です。自分だけが・・・なんてことないのにね。ちょっと考えればわかるのにね。後ろ向きになると、とことん後ろしか見え…
続きを読む >>

おもてなし

 私の仕事では、毎日たくさんの出会いがあります。もう二度と会うことがないかもしれない方と貴重な人生の中の数時間、ご一緒します。その時間は、ただの移動時間かもしれないし、旅の思い出の1ページかもしれません。どんな時間であっても、私たちは精一杯のおもてなしをします。でも、私はおもてなしの極意をわかっていま…
続きを読む >>

ひとつだけ

 もし私の人生で、ひとつだけやり残したことがあるとすれば、それは、子供を持つことです。自分の子供が欲しかったな・・・我が子を抱く夢を、何度も見ました。いつも小さい男の子で、初めて会った気がしないので不思議です。とても優しい気持ちになって、とても満たされた穏やかな気持ちになって、この子がいてくれたら何も…
続きを読む >>

私の未来

 「大きくなったら、何になりたい?」という質問に、小さい頃の私は答えられませんでした。私は夢がなく、未来を見ることができない子供でした。夢を持つことが許されるのか、多くを望むことで周りを苦しめないのか、期待することで自分ががっかりするのではないか、そんなことばかり気にしている子供でした。しかし、人生と…
続きを読む >>

 今日は久しぶりのオフ。でも、やらなければいけないことは、いっぱい。昨夜遅くに部屋に戻って、そのまま疲れて寝てしまったから、まずは空気の入れ替えから。窓を開けて、新鮮が空気をたくさん吸い込んだら、少し元気がでてきました。透き通るような青い空をみあげて、数時間前は私もあそこにいたのかしら?と思うと不思議…
続きを読む >>

 今の私は幸せです。好きな時に本が読めて、料理ができるから。散歩にでて、季節を感じたり、大きく深呼吸をして、新鮮が空気を全身に取り入れることができるから。毎日の暮らしのなかで、こんなあたりまえのことが一番幸せです。みんな、気づいているのでしょうか?私のあたりまえは、病気でした。病気だったから不幸で悲し…
続きを読む >>

 好きな人のために、私は自分を捨てることを選びました。私のままでは、彼を満たしてあげることができなかったから。私が彼のものにならなければ、彼は不安が止められなかったから。でも、私は誰のものにもなれませんでした。それどころか、彼を壊してしまいました。そして私の心も壊れてしまいました。私は、何をやっていた…
続きを読む >>

心だけでも

 私が子供だったころ、とても長い間、病院で過ごしました。時々思い出します。あのころのこと。大好きだった先生が、私に言いました。「からだは病気だけど、こころまで病気になっちゃだめなんだよ」あの時は意味がわかりませんでした。本当の意味が。大きくなって体が健康になってから、私は心の病気になりました。そして、…
続きを読む >>

3ページ目/5<12345>